渋谷 個室|渋谷でおいしいお酒飲み放題、丁寧な接客、おいしい鹿児島料理を添えて 《特攻チキン野郎TOKYO》

特攻チキン野郎のコース

コースの飲み放題のメニューです。

名前がユニークですね。

お酒の種類の数は普通くらい。

ちなみに生ビールのサイズである「よかにせ」は男前、「おごじょ」は女性を親しみを込めて呼ぶときに使う方言とのこと。

(光で見えなくなっているところは右からジンとウォッカです。見づらくてすいません。)

飲み放題の焼酎のメニューです。

薩摩の焼酎がたくさん。

特徴も分かりやすく書いてあるので、好みに沿って焼酎を選べそうです。

飲み放題の乾杯ドリンク。

僕はアメリカンハイボール(コークハイ)、友達はよかにせビールを頼みました。

アメリカンハイボールはとても飲みやすく、おいしいお酒だなと感心しました。

飲むときだけでも男前になってやる!

というよかにせサイズのビールを頼んだ熱い友達を横目に、僕は思いました。

っていうかこの量は飲みきれんだろ。(案の定飲みきれず、飲み放題なのにビールだけという始末)

それほど大きいビールでした。

僕は、(誰かと違って)色々な種類のお酒が飲みたかったので他にも気になるお酒を頼んでみました。

まずは焼酎の鳴きむし。

なんでもオリジナルの焼酎らしい。

水割りでいただきました。

焼酎は普段飲まないのですが、この焼酎は飲みやすいと思いました。

こだわりが感じられる一杯です。

次にライチソーダ。

スッキリしていてとても飲みやすい。

いつの間にか飲み終えていました。

ツンデレサワーというのが気になったのでフランボワーズを頼んでみることに。

なんとシャーベットが乗っているお酒でした。

シャーベットを溶かしていただきました。

まさに新感覚です。

飲み放題の〆は恒例のウーロン茶。

コースの料理一覧がメニューに載っていました。

全部で8品です。

プラス1000円で料理が増える満喫コースも頼めます。

席についたら名物の一つがすでに用意されてありました。(写真を見るにどれもおいしそう)

それはチーズ豆腐です。

女性に人気のようです。

これを食べれば女の子が気持ちがわかるようになるのか!

と友達が言い出したので、んなわけないと思いつつも食べてみました。

おいしい!

ブルーベリーがかかったチーズ豆腐を周りの蜂蜜に絡ませてバケットにかけて口に運ぶとこれがまたいい具合にマッチしてくせになりますね。

女子が喜ぶ理由が分かりました。(女の子の気持ちがわかるようになったわけではない)

次は茶豆の浅漬けです。

甘みがあるうえに胡麻の香ばしさがいいですね!

普通の枝豆とは一味違うおいしい茶豆です。

コースにあると嬉しいサラダです。

揚げたさつまいもが添えられています。

イタリアのソースがかかっていて野菜の旨味も増しますね。

海鮮の料理もあります。

刺身の盛り合わせですね。

単品で頼むときにはサイズが選べるようです。

豪華なラインナップ。

圧がすごい。

(上の段左から、茶ぶり、炙り〆鯖、メバチマグロ、下の段左から、茶鯛、きびなご、赤エビ)

特に取り上げたいのは、茶ぶり。

餌としてお茶を与えられて育ったぶりのことを茶ぶりというようです。

臭みがなく柔らかくてほんとうにおいしい。

そして、もう一つ取り上げたいのが、きびなごです。

鮮度が大事ということで、東京ではほとんど食べられません。

初めて食べたのでなんだか新鮮でした。

酢味噌で食べるとさらにおいしい!

醤油は東京の醤油(左)と鹿児島の醤油(右)がありました。

鹿児島の醤油の方が甘いということであったので、そちらでいただきました。

醤油にもこだわりがあっていいですね。

先ほど出てきた茶ぶりを使ったぶり大根も登場。

茶ぶりの出汁で2日間煮込んであるとのこと。

スプーンで軽く割けるほど柔らかくて、出汁も効いています。

2日煮込んだだけあるな。

おすすめです。

〆の料理としてちらし寿司が出てきました。

海鮮が贅沢に使われています。

お吸い物をかけてお茶漬けにして食べるのがおすすめの食べ方です。

次のページへ

The following two tabs change content below.

ゆと

地元を愛する、渋谷ビギナーの男性会社員。新潟の田舎で生まれ育ち、地方の大学を卒業後、上京。社会人2年目。東京の都会っぷりにまだまだ慣れることができない。Jリーグの試合観戦が好き!有名な郷土料理を食べることが最近のマイブーム(笑)研究会では日本のおいしい郷土料理やお酒などをもっと渋谷で広めたい!